フィットネス

斜めのピラティスリフォーマー

斜めのピラティスリフォーマー



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ピラティスリフォーマーでの特定のエクササイズを通して、斜めの筋肉の調子を整えます。

ブランドX写真/ブランドX写真/ゲッティイメージズ

ピラティス法は、腹筋、腰、斜めの筋肉を含む、コアの「パワーハウス」筋肉を強化するために設計された運動システムです。リフォーマーは、プーリー、スプリング、フットバー、スライディングキャリッジのシステムを通じて抵抗を提供するピラティス機器の汎用部品です。内側と外側の斜筋は、腰を形成する筋肉であり、胴体の横方向の屈曲と回転を担います。強くて安定したコアを構築するために、特に斜体を対象としたピラティスのエクササイズを5〜8回繰り返します。

マーメイド

人魚は、横方向の屈曲と回転を使用して、傾斜を調整します。右膝を前に曲げ、左すねを肩当てに当てて、リフォーマーの側面に面した台車に座ってください。フットバーに右手を置きます。キャリッジを押して、左腕を頭上に置きます。胴体を回転させてキャリッジに向かい、フットバーの左手を右手に近づけます。フットバーから左手に手を伸ばし、胴体の下に手を伸ばしながら、ひねり続けます。キャリッジを持ち込んで開始位置に戻るときに、回転を逆にします。 5回繰り返して、反対側で繰り返します。

ひざまずく斜めバリエーション

ひざまずく腹部シリーズの斜めのバリエーションで腰を強化します。ストラップに面したテーブルトップの位置でキャリッジにひざまずき始めます。太ももを肩当てに押し付け、両手をリフォーマーフレームの右側に置きます。キャリッジを手に引きながら、腰を横に曲げて回転させます。開始位置に戻るとき、腰を床に向かって正方形に保ちます。 8回繰り返して、左側で繰り返します。

斜め変化のあるロールダウン

ひざを曲げ、足をヘッドレストに乗せて、ストラップに面したキャリッジに座ってください。ストラップを両手で持ち、膝を片側に回し、胴体を反対側に回します。下に転がるときに背骨を丸め、反対側に転がるときに脚と胴体の方向を切り替えます。各側で8回繰り返します。

ひざまずく側板

フットバーに右手を乗せて、横向きのキャリッジにひざまずき始めます。右膝の上に左膝を重ねて、肩当てに脛を当てます。ヒップを持ち上げて、肩から膝まで斜めの線を作成します。キャリッジをフットバーから離すように押しながら、斜めの筋肉を噛み込みます。息を吐き出し、キャリッジを元の位置に戻す間、腰を上げたままにします。 5〜8回繰り返して、反対側で繰り返します。